出力コンポーネントの設定とジョブの実行 - 7.2

Address standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント

手順

  1. tFileOutputExcelコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンポーネントのプロパティを定義します。
  2. 宛先ファイル名とシート名を設定し、[Define all columns auto size] (全カラムの自動サイズを定義する)チェックボックスをオンにします。
  3. ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。
    tBatchAddressRowCloudコンポーネントはバッチ処理を使用してアドレスを解析します。Loqateのオンラインバッチサービスを使用してアドレスを訂正し、結果をLoqateサーバーのバッチファイルに書き込みます。
  4. 出力コンポーネントを右クリックし、[Data Viewer] (データビューアー)を選択して、フォーマット済みアドレスデータを表示します。
    tBatchAddressRowCloudは、入力アドレスデータをLoqateリポジトリーとマッチングします。
    STATUS出力カラムは、すべてのアドレス行のOKステータスを返します。つまり、すべてのアドレス行の検証プロセスをコンポーネントで完了させることができます。プロセステータスの詳細は、tLoqateAddressRowのプロセスステータスを参照してください。
    [VerificationLevel]出力カラムは、 Talend によって定義された検証レベルを提供します。詳細は、tAddressRowCloudのアドレス検証レベルを参照してください。
    AddressVerificationCode出力カラムは、処理されたアドレス行ごとの検証コードを返します。
    このコードを構成する値と各セグメントの意味の詳細は、tLoqateAddressRowのアドレス検証コードを参照してください。