Azure Storageアカウントに接続 - 7.2

Azure Storage Table

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure Storage Tableコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure Storage Tableコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure Storage Tableコンポーネント
Azure Storageアカウントへの接続を開くようにtAzureStorageConnectionコンポーネントを設定します。

始める前に

Azureテーブルストレージサービスにアクセスし、提供された従業員データを保存できるAzure Storageアカウントは、既に作成されています。Azure Storageアカウントを作成する方法の詳細は、 About Azure storage accountsを参照してください。

手順

  1. tAzureStorageConnectionコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Account Name] (アカウント名)フィールドで、アクセスする必要があるストレージアカウントの名前を指定します。
  3. [Account Key] (アカウントキー)フィールドで、アクセスする必要があるストレージアカウントに関連付けられたキーを指定します。