BPM パースペクティブのワークフロープロセスとアプリケーションをエクスポートする - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-13
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

BPMパースペクティブから、1つ以上のデザインされたワークフローのプロセス(.bosファイル)とアプリケーションファイルをエクスポートし、[MDM]サーバーにインポートできます。

始める前に

Talend StudioからMDMサーバーに接続されており、少なくとも1つのワークフローが存在すること。

このタスクについて

1つ以上のワークフロープロセスとアプリケーションのファイルをエクスポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. BPM パースペクティブで、[Diagram] (図)メニューをクリックし、[Export...] (エクスポート...)を選択します。
    [Export] (エクスポート)ダイアログボックスが表示されます。ダイアログボックスに示されているように、選択したファイルは、選択したエクスポート先フォルダー内のワークスペースアーカイブファイルにエクスポートされます。
  2. 適切なフォルダーを選択するか、または必要に応じて新規フォルダーを作成します。選択したフォルダー名が[Destination path] (出力先パス)フィールドに表示されます。
  3. [Finish] (終了)をクリックします。エクスポートの進行状況を示す進行状況バーが表示されます。エクスポートが成功したら、エクスポート先フォルダー内のエクスポートされたファイルを確認します。
    警告: ワークフローを手動でエクスポートする場合は、tem.earとbonita.warの間のクラスローダー競合を避けるために、WEB-INF/lib内のbonita-client.jarを削除する必要があります。