MDMパースペクティブにワークフローをインポート - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

Talend Studioでは、MDMサーバーまたはZIPファイルからワークフローをMDMパースペクティブにインポートできます。インポートされると、そのワークフローをベースにプロセスを自動的に生成できます。ワークフローをベースにプロセスを生成する方法は、ワークフロー実行プロセスの生成をご覧ください。

始める前に

Talend StudioからMDMサーバーに接続済みであること。MDMパースペクティブからワークフローが1つ以上エクスポート済みであること。

このタスクについて

1つ以上のワークフローをMDMサーバーから現在のMDMリポジトリーにインポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、[Workflow] (ワークフロー)ノードを右クリックして、コンテキストメニューから[Import Server Objects from MDM Server] (サーバーオブジェクトをMDMサーバーからインポート)を選択します。
  2. [Select Server] (サーバーの選択)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックします。サーバーオブジェクトのインポート元とするサーバーロケーションの選択を求めるダイアログボックスが表示されます。
  3. 目的のサーバーを選択し、[OK]をクリックします。
  4. [Deselect all] (すべて選択解除)を選択します。次に、[Workflow] (ワークフロー)ノードを展開し、インポートする1つ以上のワークフローを選択します。
  5. [Finish] (終了)をクリックして変更を確定します。

次のタスク

インポートされたワークフローは、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューの[Workflow] (ワークフロー)ノードの下に表示されます。

1つ以上のワークフローをZIPファイルから現在のMDMリポジトリーにインポートするには、次の手順に従います。

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、[Workflow] (ワークフロー)ノードを右クリックして、コンテキストメニューから[Import Items] (項目をインポート)を選択します。

    [Import Repository Items] (リポジトリー項目のインポート)ダイアログボックスが表示されます。

  2. インポートするワークフローをフォルダーまたはアーカイブファイルのどちらに保存するかに応じて、ルートディレクトリーかアーカイブファイルを選択し、オプションの横にある[...]ボタンをクリックします。

    ダイアログボックスが表示されます。

  3. データモデルが含まれているフォルダーまたはアーカイブに移動し、[OK]または[Open] (開く)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

  4. [Import Repository Items] (リポジトリー項目のインポート)ダイアログボックスで[Finish] (終了)をクリックして変更を検証し、ダイアログボックスを閉じます。

    インポートされたワークフローは、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューの[Workflow] (ワークフロー)ノードの下に表示されます。