出力データを集計エレメントで分類する - 7.3

tXMLMap

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap

手順

  1. Studioで使われているジョブを開き、tXMLMapコンポーネントをダブルクリックして[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  2. 出力テーブルのcustomerエレメントを右クリックし、コンテキストメニューから[Remove group element] (グループエレメントの削除)を選択します。
  3. 出力テーブルの上部にあるレンチアイコンをクリックし、[All in one] (オールインワン)プロパティの値をfalseに設定します。
  4. LabelStateエレメントを右クリックし、コンテキストメニューから[As aggregate element] (集計エレメントとして)を選択します。LabelStateエレメントは、各顧客の州情報にタグを付け、顧客情報は州情報に従って分類されます。

    集計エレメントを使用可能にするには、[All in one] (オールインワン)プロパティの値がfalseに設定されていることをご確認ください。[All in one] (オールインワン)機能については、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

  5. [OK]をクリックして変更を確定し、[Map Editor] (マップエディター)を閉じます。
  6. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存し、[F6]を押してジョブを実行します。

タスクの結果

上記のように、tXMLMapは2つの個別のXMLフローを出力します。それぞれのフローには、1つの州とその州の顧客の情報が含まれます。