DynamoDBからJSONドキュメントを書き込んで抽出 - Cloud - 8.0

Amazon DynamoDB

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon DynamoDB
データガバナンス > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon DynamoDB
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon DynamoDB
Last publication date
2024-02-28

tDynamoDBOutputを使ってJSONドキュメントをDynamoDBテーブルに書き込み、次にtDynamoDBInputを使ってこのJSONエレメントの子エレメントを抽出します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご覧ください。

前提条件:
  • ビッグデータを備えたTalend Studio
  • Amazon DynamoDBへのアクセスが許可されたAWS認証情報。
使うサンプルデータは次のようになります。
21058;{"accountId" : "900" , "accountName" :  "xxxxx" , "action" : "Create", "customerOrderNumber" : { "deliveryCode" :  "261" , "deliveryId" :  "313"}}
21059;{"accountId" : "901" , "accountName" :  "xxxxy" , "action" : "Delete", "customerOrderNumber" : { "deliveryCode" :  "262" , "deliveryId" :  "314"}}

このデータには、セミコロン(;)で区切られた2つのカラム、DeliverIDEventPayLoadがあります。JSONドキュメント自体は、EventPayLoadカラムに保管されます。