Talend Studioをインストールおよびアップデート - 8.0

Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30

インストーラーを使って、または手動でTalend Studioをインストールすると、基本的なデータ統合機能をいくつか備えた最小バージョンがインストールされます。Talend Studioのインストール後、デフォルトではTalend Studioに同梱されていない機能を使用するためには、機能マネージャーを介してインストールする必要があります。詳細は、Talend Studioで機能を管理をご覧ください。

Talendは、Talend Studioの新しい機能とバグ修正が含まれるマンスリーアップデートを提供しています。Talend Studioのインストール後は、そのアップデート方法を設定できます。詳細は、Talend Studioをアップデートをご覧ください。

Talend Studioは、アップデートリポジトリーから機能パッケージとマンスリーアップデートをダウンロードします。そのため、Talend Studioでこれらのアップデートリポジトリーへの接続を設定する必要があります。Talendでは、機能パッケージ用にhttps://update.talend.com/Studio/8/base、マンスリーアップデート用にhttps://update.talend.com/Studio/8/updatesという公式アップデートリポジトリーを提供しています。また、Talendの公式リポジトリーにリンクするプロキシリポジトリーを作成したり、Talendの公式リポジトリーをホストしたりすることで独自のアップデートリポジトリーを設定することもできます。詳細は、アップデートリポジトリーを設定Talend Studioと継続的インテグレーションのアップデートリポジトリーを設定をご覧ください。

Talend Studioでは、ソースやターゲットに接続できるよう、特定のモジュール(サードパーティーのJavaライブラリーとデータベースドライバーのいずれか)をインストールする必要があります。Talend Studioを正しく動作させるためには、そのような外部モジュールのインストールが必要です。Talendは、その外部モジュールに対して公式のNexusリポジトリー(https://talend-update.talend.com/nexus)を提供しています。コラボレーションモードで作業している場合は、アーティファクトリポジトリーを設定することで、Talend Studioがそれらの外部モジュールを集中的かつ共有的にダウンロード、インストール、保存できるようになります。詳細は、外部モジュールをインストールTalendアーティファクトリポジトリーをインストールして設定ユーザーライブラリーロケーションを設定をご覧ください。