tLoqateAddressRowコンポーネントを設定する - Cloud - 8.0

Loqate address standardization

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Loqateアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Loqateアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Loqateアドレス標準化コンポーネント

手順

  1. tLoqateAddressRowをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンポーネントプロパティを定義します。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックし、出力スキーマで、tLoqateAddressRowから取得するフォーマット済み住所を保持するために必要なすべてのカラムを定義します。
    次の2つの出力カラムは読み取り専用です: STATUS およびACCURACYCODE。最初のカラムでは、入力住所の処理のステータスが返されます。プロセステータスの詳細は、tLoqateAddressRowのプロセスステータスを参照してください。2番目のカラムでは、処理されたアドレスの検証コードが返されます。このコードを構成する値と各セグメントの意味の詳細は、tLoqateAddressRowのアドレス検証コードを参照してください。
    この例では、出力スキーマで同じ[address-input] (住所入力)カラムを使うと、入力住所が出力されます。これは、住所エレメントがどのように解析および標準化されたかを比較するのに役立ちます。
  3. [OK]をクリックして受け入れ、変更をプロパゲートします。
  4. [Input Address] (入力住所)テーブルで:
    • テーブルに行を追加します。

    • [Address Field] (住所フィールド)カラムで1つの行をクリックし、コンポーネントで事前定義されたリストから、入力住所を保管するフィールドを選択します。この例では、[Address] (アドレス)[Country] (国)です。

    • [Input Column] (入力カラム)カラムで1つの行をクリックし、入力スキーマのリストから、入力アドレスを保管するカラムを選択します。この例では、[address-input] (住所入力)[COUNTRY] (国)です。

  5. [Output Address] (出力住所)テーブルで:
    • テーブルに行を追加します。

    • [Address Field] (住所フィールド)カラムで1つの行をクリックし、コンポーネントで事前定義されたリストから、出力住所を保管するフィールドを選択します。

      これらのフィールドの値が、このテーブルで設定した出力カラムにマッピングされます。

      tLoqateAddressRowは個々のフォールドの長いリストを表示します。一部の国の住所構造は他の国よりも複雑になるためです。出力フィールドの詳細は、tLoqateAddressRowの住所フィールドを参照してください。

    • [Output Column] (出力カラム)で1つの行をクリックし、標準化された出力住所を保持するカラムをリストから選択します。

  6. [Loqate Data Path] (Loqateデータパス)フィールドで、Loqateによって提供され、ローカルにインストールされたLoqateデータフォルダーへのパスを設定します。