トレーニングデータスキーマ参照を作成 - Cloud - 8.0

Machine Learning

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 機械学習コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 機械学習コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 機械学習コンポーネント
このセクションでは、トレーニングデータスキーマ参照を作成して、機械学習ルーチンを開発する方法について説明します。

手順

  1. 事前に作成したHDFS接続を右クリックして、[Retrieve Schema] (スキーマを取得)を選択します。
  2. /user/puccini/machinelearning/decisiontrees/marketing/marketing_campaign_train.csvにある、事前ロードされたトレーニングデータファイルに移動します。
  3. [Next] (次へ)をクリックし、スキーマに名前を付け、必要に応じてデータ型を調整します。
    この場合は、デフォルトは正確です。
  4. [Finish] (終了)をクリックします。
  5. パレットにtHDFSConfigurationコンポーネントを追加します。
  6. [PropertyType] (プロパティタイプ)[Repository] (リポジトリー)に設定します。
  7. 作成したHDFS接続(MarketingCampaignData)を選択します。