オブザーバビリティメトリクス - Cloud - 8.0

Talendリリースノート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2024-04-11

Talend APIサービスを使って、Cloud Engineで実行されているData Integrationタスクの観測可能なメトリクスを取得します。詳細は、パフォーマンス監視のためにタスク実行のコンポーネントメトリックを取得をご覧ください。

このエンドポイントのRemote Engineのサポート対象はEAP (早期導入者プログラム)ユーザーのみです。

注: 既知の制限: この機能により、ジョブ開始後3時間以内に生成されたメトリクスデータのみ取得できます。
メソッド エンドポイント 説明 クエリーパラメーター ボディ
GET /monitoring/observability/executions/{runId}/component 指定されたタスク実行のコンポーネントメトリクスを取得します。
  • limit: 返すエントリーの数。デフォルト値は50で、最大値は200です。
  • offset: エントリーのページネーションの開始位置で、0以上となります。
  • sortBy: 返されたエントリーのソート基準となるフィールドです。デフォルト値はcomponent_start_time_secondsです。
  • sortOrder: 返されたログのソート方法で、descascのいずれかです。デフォルト値はdescで、これは降順であることを意味します。

これらのパラメーターはすべてオプションです。

該当せず