Talend Remote Engine - Cloud - 8.0

Talendリリースノート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2024-02-14

Talend Remote Engine v2.12.3が一般利用できるようになりました。

新機能

機能 説明

新しいメトリックカテゴリー

v2.12.0以降のRemote Engineで、タスクの実行状況をよりよく監視できるcomponent_errorという新しいメトリックカテゴリーがサポートされました。

セキュリティの強化

問題 説明
TPOPS-3999

Remote Engine v2.12.3以降、ホスト、ポート番号やユーザー名などの接続情報がTalend Management Consoleのログに表示された場合、自動的にマスキングされます。

TPOPS-4003

CVE-2021-22573の脆弱性を修正するよう、"Google OAuth Client Library for Java"がアップグレードされました。

注目される修正

問題 説明
TPOPS-3821 Remote Engine診断ツールtalend-re-helper.shがSTAR規則またはPOSIX規則を採用しアップデートされ、より短いグループIDを使用できるようになりました。

Talend Remote Engineの開始にあたっては、Talend Remote Engineユーザーガイドをご覧ください。