Talend Remote Engine - Cloud - 8.0

Talendリリースノート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2024-02-14

Talend Remote Engine v2.12.4が一般利用できるようになりました。

新機能

機能 説明

リソース消費量の監視

Remote Engineの監視しきい値を設定し、所定のリソース制限に達した場合にエラーや警告を発生させることができるようになりました。

エンジンマシンのリソース消費量はRE_installation/data/log/statistics.csvに記録されます。この統計情報によって、各Remote Engineのリソース消費レベルを把握できます。

詳細は、Remote Engineでリソース消費量を監視をご覧ください。

ファイルシステムメトリクスをフィルタリング

ファイルシステムのフィルタリングのサポートが追加され、よりクリーンなメトリクスを取得できるようになりました。興味がないファイルシステム(仮想ファイルシステムや擬似ファイルシステムなど)のメトリクスを除外するようエンジンを設定できます。

詳細は、ファイルシステムメトリクスをフィルタリングをご覧ください。

ダイレクトデプロイメント

ダイレクトデプロイメントが、エンジンが使用するデフォルトかつ唯一のデプロイメントになりました。それによって、関連するjob.deployment.directパラメーターは設定する必要がなくなったため削除されました。

マイクロサービスのデータサービス/ルートの実行ユーザー

etc/org.talend.ipaas.rt.dsrunner.cfgに新しい設定パラメーターが追加され、データサービス/ルートに対して実行ユーザーを有効化できるようになりました。

この機能はLinux版のRemote Engineでのみ利用可能です。詳細は、マイクロサービスのデータサービス/ルートの実行ユーザーを設定をご覧ください。

セキュリティの新機能

機能 説明
マイクロサービスの管理エンドポイントアクセス マイクロサービスの管理エンドポイントであるinfohealthjolokiaへのアクセスで、認証メカニズムがデフォルトで有効になりました。

エンジンの関連設定は、基本認証をご覧ください。

セキュリティの強化

問題 説明
TPOPS-4545
このエンジンが使用するJettyのバージョンがアップグレードされ、以下の脆弱性が修正されました。
  • CVE-2022-2047
  • CVE-2022-2048
TPOPS-4647 SnakeYAML v1.31を使用することで、以下の脆弱性を回避できるようになりました。
  • CVE-2022-25857
  • CVE-2022-36033
  • CVE-2022-38751
  • CVE-2022-38749
TPOPS-4668 Karafがv4.2.16にアップデートされました。

注目される修正

問題 説明
TPOPS-3857 Talend Cloudが、エンジンとそのクラウドインフラストラクチャーの間におけるネットワークタイムプロトコル(NTP)クロック同期に関する問題を検出し、報告できるようになりました。

Talend Remote Engineの開始にあたっては、Talend Remote Engineユーザーガイドをご覧ください。