プロジェクトの手動ビルドが必要な場合に使用できる主なMavenオプション - 8.0

Talendソフトウェア開発ライフサイクルベストプラクティスガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Module
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

Mavenオプション 説明
-f, --file<arg> 特定のPOMファイル(ここではTalendプロジェクトのpom.xmlのディレクトリー)を強制的に使用します。
-s, --settings<arg> 特定のユーザー設定ファイル(ここではカスタムのsettings.xmlファイルへのパス)を強制的に使用します。
-fae, --fail-at-end このオプションでは、エラーが含まれているビルドは後で失敗しますが、影響を受けないビルドは続行できます。

このオプションは、マルチモジュールのプロジェクトをビルドする時に、実行エラーを非表示にするのではなく、見つけるために役立ちます。

-e, --erros 実行エラーメッセージを生成します。

このオプションはMavenプラグインでのエラーを診断する場合に便利です。

-pl,--projects <arg> すべてのプロジェクトではなく、ビルドする特定のリアクタープロジェクトのカンマ区切りリストです。
注: SOAPサービスでは-plパラメーターがサポートされていません。
  • プロジェクトからのジョブはすべて、-plオプションを使わずに公開できます。
  • 個別のジョブを公開したい場合は、-plオプションを使えばサービスに関連するジョブを公開できます。ただし、-plオプションを使ったサービス全体の公開はサポートされていません。
-am,--also-make -plコマンドを使ってプロジェクトを指定した場合は、リストにあるプロジェクトで必要とされるプロジェクトもビルドされます。
-D,--define <arg> システムプロパティを定義します。

TalendのカスタムMavenオプションはすべて、-Dオプションと共に使用する必要があります。カスタムオプションのリストは、TalendのカスタムMavenビルドのオプションでチェックできます。

Maven CLIのオプションはすべてApache Maven Webサイトで参照できます。