Remote Engineを「無人」モードでインストール - Cloud

Linux版Talend Cloudインストールガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
linux
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

始める前に

  • インストーラーファイルをダウンロード済みであること。
  • Talend Cloud Management ConsoleでRemote Engineを作成済みであること。

手順

  1. ターミナルのダウンロードディレクトリーに移動します。
  2. chmod +x <installer_filename>と入力します。

    例え

    chmod +x Talend-RemoteEngine-V<2.9.0>-<173>-Linux-x64.run
  3. ./<installer_filename> --mode unattended --installdir /opt/TalendRemoteEngine --region <xxx> --authkey <PreAuthKey>と入力します。
    リージョンはTalend Cloud URLに反映されます。 <PreAuthKey>は、Talend Cloud Management Consoleでのエンジン作成時に生成されるRemote Engineキーです。

    例え

    ./Talend-RemoteEngine-V<2.9.0>-<173>-Linux-x64.run --mode unattended --installdir /opt/TalendRemoteEngine --region <us> --authkey <1a2b3c4d5e6f7g8h9i>

タスクの結果

Remote Engineのインストールされペアリングされます。