Talend Runtimeを自動でインストール - Cloud

Talend Cloudインストール&アップグレードガイド

Version
Cloud
Language
日本語
Operating system
Linux
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2024-04-02
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

始める前に

インストーラーを実行する前にSecurity-Enhanced Linux (SELinux)が有効になっていると、一部のアプリケーションがインストールされないことがあります。そのため、setenforce Permissiveというコマンドを実行してSELinuxを一時的に無効化する必要があります。SELinuxは次回の再起動後に自動的に再有効化されます。

手順

  1. インストーラーファイルを管理者として実行します。
  2. [Next] (次へ)をクリックして使用許諾契約を表示します。
  3. [I accept the agreement] (契約に同意します)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  4. インストールを設定し、[Next] (次へ)をクリックします。
    1. インストールディレクトリーを定義します。
    2. Talend Runtimeをサービスとしてインストールするかどうかを選択します。
  5. Talend Runtimeのポート設定をリストから選択します。
  6. [Next] (次へ)をクリックしてインストールを続行します。

次のタスク

これで、Talend Remote Engineを同じマシンにインストールできます。