地域を問わないURLとポート情報 - Cloud

Talend Cloudインストール&アップグレードガイド

Version
Cloud
Language
日本語
Operating system
Linux
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2024-02-20

次の表は、お使いの許可リストに追加する地域を問わないURLと、Talend製品で使用される最も重要なTCP/IPポートをまとめたものです。

ファイアウォールの設定がこれらのポートと互換性があることをご確認ください。必要であれば、デフォルトのポートも変更してください。

非標準ポート(つまり443と80以外のポート)は常にローカルネットワークに接続され、リモートのクラウドシステムに接続されることはありません。

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Remote Engineで使用されるURL

これらのURLのポート値は443です。

そのURLのトラフィックはアウトバウンドです。

この中央リージョンは通常のデータセンターのリージョンとは異なります。メタデータと、エンジンおよびタスク実行のパフォーマンスに関するメトリックスだけが中央リージョンに送信されます。プライバシー情報は送信されません。

URL 使用元 目的 要件レベル
  • https://api.central.cloud.talend.com
  • https://vault-gateway.central.cloud.talend.com
Remote Engine Talend Management Consoleにジョブメトリクスを送信するために使用 必須の有無

追加されるその他のURL

Talendモジュールを実行するすべてのマシンで次のWebサイトを許可リストに追加します。
[URL] ポート 使用方法 要件レベル

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

update.talend.com
443 Talend Studioの機能パッケージとマンスリーアップデートをダウンロードします。 プロキシリポジトリーを使用することも公式リポジトリーをホストすることもなく、Talend Studioからアップデートを直接取得する場合に必要です。

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

talend-update.talend.com
443 Talend Studioのソースやターゲットに接続するために外部モジュール(サードパーティーのJavaライブラリーまたはデータベースドライバー)をダウンロードします。このURLは、Talend Administration CenterからTalend Studioのアップデートをダウンロードする時にも使われます。 外部モジュールがプロキシリポジトリーを使用せずにTalend Studioから直接取得される場合、またはTalend StudioアップデートがTalend Administration Centerから取得される場合に必要です。
www.talend.com 443 Talend Studioからの使用統計をテストして送信します。 推奨
community.talend.com 443 ユーザーアクション用(Talend Studioでのリンクのクリックなど) 推奨
help.talend.com 443 ユーザーアクション用(Talend Studioでのヘルプリンクのクリックなど) 推奨
注: デプロイが他のサードパーティソフトウェアに依存する場合は、許可リストに別のURLを追加しなければならないこともあります。Talendは、ダイナミックIPアドレスを持つホスト名をすべて許可リストに追加することをお勧めします。

ポート情報

  • [Port] (ポート): TCP/IPポートまたはポートの範囲。

  • [Active] (アクティブ): 製品の標準インストールに対してアクティブ(ここで言う標準インストールとはTalend Installerを使用して[Server] (サーバー)または[Client] (クライアント)としてInstaller User Interfaceで提供されるデフォルト値を指定したインストールと定義されます)。

  • [Direction] (方向): [In] (インバウンド)と[Out] (アウトバウンド)は、ポートとそれを使って通信するサービスやCFXルートの間のリクエストの方向を指します。たとえば、サービスがポート9080でHTTPリクエストをリスンしている場合は、インバウンドポートです。その他のサービスがそこでリクエストを実行しているからです。ただし、サービスが特定のポートで別のサービスを呼び出す場合は、アウトバウンドポートです。

  • [Usage] (使用): このポートを使用しているTalendモジュールの部分。たとえば、1099は Talend RuntimeのJMX Monitoringコンポーネントで使われています。

  • [Configuration file] (設定ファイル): 値を変更できるファイルまたは場所。

  • [Note] (備考): 追加で説明する重要事項。

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Talend Studioのポート

ポート 方向 使用方法 設定ファイル
8090

アクティブ: N

IN Talend Studio - tESBProviderRequest (SOAPデータサーバー)およびtRESTRequest (RESTデータサービスのデフォルトポート) REST: 環境設定/ Talend / ESB SOAP: tESBProviderRequestコンポーネントの詳細

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Talend Remote Engineのポート

これらのポートは、Talend Studioのリモート実行機能を使用する場合のみ開くようにしてください。

ポート 方向 使用方法 設定ファイル
8003

アクティブ: Y

IN Talend Remote Engine - コマンドポート org.talend.remote.jobserver.server. cfg
8004

アクティブ: Y

IN Talend Remote Engine - ファイル転送ポート org.talend.remote.jobserver.server. cfg
8891

アクティブ: Y

IN Talend Remote Engine - 監視ポート org.talend.remote.jobserver.server. cfg
8558

アクティブ: Y

IN Talend Remote Engine - プロセスメッセージポート org.talend.remote.jobserver.server. cfg

Remote Engine Gen2ポート

ポート 方向 使用方法 設定ファイル
8080

アクティブ: Y

IN Remote Engine Gen2 - HTTPを使用する場合のデータAPIポート default/.envにあるDATASET_API_SHARING_EXTERNAL_PORT変数
8443

アクティブ: Y

IN Remote Engine Gen2 - HTTPを使用するよう設定する場合のデータAPIポート default/.envにあるDATASET_API_SHARING_EXTERNAL_PORT_SSL変数については、APIを保護をご覧ください。