Talend SAP RFC Serverを開始または停止 - Cloud

Linux版Talend Cloudインストールガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
linux
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

binディレクトリー内のスクリプトまたはバッチファイルを実行すれば、Talend SAP RFC Serverを手動で開始または停止できます。

手順

  1. psコマンドを実行し、プロセスが実行中かどうかチェックします。
  2. Talend SAP RFC ServerをLinuxサービスとして設定します。

    RedHatとUbuntuの場合、systemdサービスはサービスの開始と停止に使われます。Systemdサービスを管理するファイルを/etc/systemd/systemに見つかります。

    例では、sap-rfcファイルは追加されて、デフォルトでインストールされていません。Talend SAP RFC Serverを追加したい場合は、次のサンプルserviceファイルを使い、インストールに対応するパスに変更します。

    
    # SystemD descriptor file for Talend SAP RFC Server
    
    [Unit]
    
    Description=Talend SAP RFC Server service
    
    Before=runlevel3.target runlevel5.target
    
    After=local-fs.target remote-fs.target network-online.target time-sync.target systemd-journald-dev-log.socket
    
    Wants=network-online.target
    
    Conflicts=shutdown.target
    
    
    [Service]
    
    Type=simple
    
    Environment=JAVA_HOME=/usr/java/jre1.8.0_171-amd64
    
    ExecStart=/opt/talend/7.0.1/sap-rfc-server/bin/start-tsaps.sh
    
    ExecStop=/opt/talend/7.0.1/sap-rfc-server/bin/stop-tsaps.sh
    
    User=talenduser
    
    Group=talendgroup
    
    WorkingDirectory=/opt/talend/7.0.1/sap-rfc-server
     
    
    [Install]
    
    WantedBy=multi-user.target
  3. ターミナルインスタンスを開きます。
  4. コマンドプロンプトを開きます。
  5. 次のコマンドを実行します。$TSAPS_HOMEには、サーバーがインストールされているディレクトリーが入ります。
    • 次のコマンドを実行してTalend SAP RFC Serverを開始します。

      cd $TSAPS_HOME/bin
      ./start-tsaps.sh
    • 次のコマンドを実行してTalend SAP RFC Serverを停止します。

      cd $TSAPS_HOME/bin
      ./stop-tsaps.sh