プラン編集ビューでプランステップを設定 - Cloud

Talend Management Console for Pipelinesユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語
Product
Talend Cloud
Module
Talend Pipeline Designer
Content
デプロイメント > スケジューリング > タスクのスケジューリング
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
管理と監視 > プロジェクトの管理
管理と監視 > ユーザーの管理
Last publication date
2024-04-04

以下では、ステップ、タスク、バックアップステップ、ハンドラーを管理するためにプランの編集ビューで行えるアクションを説明します。

エレメント アクション 方法
プラン プラン条件を編集 ステップ名にカーソルを置き、をクリックして、プランが次のステップへ進むための条件を選択します:
  • [If all tasks succeed] (タスクがすべて成功した場合) (デフォルトによる選択): このステップでタスクがすべて成功した場合のみ、プランの実行は次のステップに進みます。

    選択した条件が満たされないとプランは失敗します。ハンドラーはバックアップステップで実行できます。

  • [If at least one task succeeds] (タスクが少なくとも1つ成功した場合): このステップでタスクが少なくとも1つ成功すれば、プランの実行は次のステップに進みます。

    選択した条件が満たされないとプランは失敗します。ハンドラーはバックアップステップで実行できます。

  • [Always] (常時): このステップでタスクがすべて失敗しても、プランの実行は次のステップに進みます。

    この条件が選択された場合、このステップに追加されたハンドラーは無効になり、決して実行されません。

プランの再実行メモを追加/編集 ステップ名にマウスを重ねてをクリックします。
Step ステップを複製
  • Windows版では、[Ctrl]を押してステップをドラッグ&ドロップします。
  • Mac版では、[Ctrl+Cmd]を押してステップをドラッグ&ドロップします。
  • > [Duplicate step] (ステップを複製)をクリックします。ステップは複製したステップの後に追加されます。
ステップを追加
  • 右上隅で[Add step] (ステップを追加)をクリックします。ステップはプランの後に追加されます。
  • 2つのステップの間にステップを追加する場合は、をクリックします。
ステップを削除 > [Delete step] (ステップを削除)をクリックします。
ステップを移動 ステップをドラッグ&ドロップします。
ステップの名前を変更 ステップ名にマウスを重ねてをクリックします。
タスクとハンドラー タスク/ハンドラーを追加 ステップで、 > [Add tasks] (タスクを追加)または[Add handlers] (ハンドラーを追加)をクリックします。
タスク/ハンドラーをコピー Windows版では、[Ctrl]を押してタスク/ハンドラーをドラッグ&ドロップします。

Mac版では、[Ctrl+Cmd]を押してタスク/ハンドラーをドラッグ&ドロップします。

タスク/ハンドラーを他のステップに移動 タスク/ハンドラーをドラッグ&ドロップします。
タスク/ハンドラーをステップから削除 タスク/ハンドラーにマウスを重ねて、をクリックします。
バックアップステップ バックアップステップを追加 ステップで、 > [Add tasks] (タスクを追加)または[Add handlers] (ハンドラーを追加)をクリックします。
バックアップステップをコピー Windows版では、[Ctrl]を押してバックアップステップをドラッグ&ドロップします。

Mac版では、[Ctrl+Cmd]を押してステップをドラッグ&ドロップします。

バックアップステップを移動 バックアップステップをドラッグ&ドロップします。
バックアップステップを削除 バックアップステップにマウスを重ねて、 > [Remove from step] (ステップから削除)をクリックします。