ジョブデバッギング用にTalend Studioでリモート実行を有効化 - Cloud

Talend Remote Engineユーザーガイド (Linux)

Version
Cloud
Language
日本語
Operating system
Linux
Product
Talend Cloud
Module
Talend Remote Engine
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
Last publication date
2023-12-08
Talend Studioから直接、Remote Engineのデザインを実行およびデバッグできます。

始める前に

  • Talend Cloud Management ConsoleでRemote Engineを作成済みであること。
  • Remote Engineとアカウントのペアリングを設定しています。
  • Remote Engineのワークスペースで実行権限を有していること。
  • Remote EngineがRemote Engine Clusterの一部ではないこと。
  • Talend Cloud Management Consoleでインフラストラクチャー管理者ロールを有していること。
  • Talend Remote EngineTalend Studioが同じマシンにインストールされていない場合は、Talend StudioがインストールされているマシンからTalend Remote Engineがインストールされているマシンにアクセスできることをご確認ください。

手順

  1. [Processing] (処理中)ページを開き、[Engines] (エンジン)タブをクリックします。
  2. [Environment] (環境)ドロップダウンリストで、エンジンの環境を選択します。
    また、検索ボックスやフィルターオプションを使ってリストをフィルタリングすることもできます。
  3. デザインの実行またはデバッグに使用するRemote Engineを開きます。
  4. [Settings] (設定)をクリックします。
    エンジンが既にペアリングされているため、エンジンから取得された情報はこのタブのフィールドに自動的に入力されます。
  5. リモート実行/デバッグ機能を[Enabled] (有効)に切り替えます。
  6. オプション: [Host] (ホスト)フィールドに、使用するエンジンのIPアドレスが表示されます。変更する必要がある場合は、アイコンをクリックします。

    デフォルトでは、このIPアドレスは自動APIコールによって取得されるため、手動でこのフィールドを編集する必要はありません。ただし、状況によっては手動による変更が必要な場合もあります。例:

    • 一時的なネットワークの問題など、何らかの理由によりこのエンジンのIPアドレスを取得できませんでした。
    • IPアドレスは正常に取得されましたが、このフィールドでは代わりにホスト名(エイリアス)を使う必要があります。
    この変更を有効にするには、他の任意の場所をクリックします。クリックすると、アップデートが成功したことを確定するメッセージ、または問題の報告を求めるメッセージが表示されます。
  7. [Save] (保存)をクリックします。

タスクの結果

デザインはTalend Studioの開発者が実行できます。手順は、Talend StudioからのRemote Engineでアーティファクトを実行をご覧ください。

[Engine Details] (エンジンの詳細)ウィンドウでリモート実行を追加する方法を示すスクリーンショット。