ジョブのTalend Cloud Management Consoleへの公開 - Cloud

Talend Cloud入門ガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > タスクのデザイン
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
デプロイメント > パブリッシュ
Talend Studio内で作成したサンプルジョブをクラウドに公開して、Talend Cloud Management Consoleの特定ユーザーまたはすべてのユーザーが利用できるようにします。

始める前に

StudioのWebアプリケーションにアカウント認証を設定していること。

このタスクについて

ジョブが公開されたら、Webユーザーはジョブを実行できます(Talend Cloud Management Console内にあるため)。または、パラメーターを変更してタスクを別のインスタンスで実行することもできます。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、ジョブを右クリックして[Publish to Cloud] (クラウドに公開)を選択します。
  2. [Publish With Version] (公開するバージョン)フィールドで、必要に応じてクラウドに公開するバージョンを変更します。
    いくつかのバージョンが使用可能な場合、このフィールドにはジョブの最新バージョンが自動的に入力されます。[Last Cloud Version] (最新クラウドバージョン)フィールドに示される最新バージョンよりも古いバージョンでジョブを公開することはできません。
  3. ワークスペースをドロップダウンリストから選択します。
  4. オプション: [Export Artifact Screenshot] (アーティファクトのスクリーンショットをエクスポート)を選択し、ジョブのスクリーンショットを含めます。
  5. オプション: [Update corresponding Job Task] (対応するジョブタスクの更新)を選択すれば、ジョブの前バージョンを新バージョンに含めるタスクを更新できます。
  6. [Finish] (完了)をクリックします。
    デプロイメントの進行状況を示す情報バーが表示されます。
  7. オプション: アーティファクトの公開中にStudioでの作業を続行するには、[Run in Background] (バックグラウンドで実行)をクリックします。
    Studioの右下に進行状況バーが表示され、公開操作の完了した割合が示されます。進行状況バーアイコンをクリックして[Progress] (進行状況)ビューに詳細を表示します。
  8. 公開プロセスが完了したら、[Open Job Task] (ジョブタスクを開く)をクリックしてジョブをTalend Cloud Management Consoleで開きます。
    タスクにはジョブ名が付きます。

タスクの結果

Talend Cloud Management Consoleが起動し、[Task details] (タスクの詳細)ページでタスクが開き、パッケージ化され、実行準備が整います。