メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

SAP用のTalendファンクションモジュールをインストール

この記事では、SAP用のTalend SAP関数モジュールをインストールする方法を説明します。利用可能なSAP関数モジュールの完全なリストについては、Talend Studioに同梱のSAP関数モジュールをご覧ください。

次の手順は、Z_TLD_BI_READ_INFOPROV_BATCHモジュールのインストール方法を示しています。このモジュールは、SAPトランスポートTBDK900118.zipによって提供されています。

SAP関数モジュールをインストールする場合は、Talend Studioに同梱のSAP関数モジュールをチェックしたうえで、SAP関数モジュールを提供する転送ファイルを決定する必要があります。

情報メモ注: SAP関数モジュールおよびSAP転送は、製品バージョンによって異なる場合があります。最新情報は、{studio_path}\plugins\org.talend.libraries.sap_7.3.1.****\resources\readme.txtをご確認ください。

ステップ1: ファイルをコピーする

情報メモ注: 以下のステップでは、転送が/usr/sap/trans内にあることを想定しています。
  1. ファイルTBDK900118.zipをダウンロードし、SAPサーバーに転送します。
  2. ファイルTBDK900118.zipを抽出します。
  3. K900118.TBD<TBDK900118.zip>/ABAP Transporte/cofilesからusr/sap/trans/cofilesにコピーします。
  4. R900118.TBD<TBDK900118.zip>/ABAP Transporte/dataからusr/sap/trans/dataにコピーします。

ファイルのアップロードは、SAPGUIトランザクションCG3Zを使用して実行できます。転送ディレクトリーを見つけて、ファイルがトランザクション AL11でアップロードされているかどうかを確認することができます。

ステップ2: 新しい転送リクエストを追加する

[STMS]トランザクションで[Import Overview] (インポート概要) (F5)に移動し、指定のシステムのインポートキューに進みます。メニューから[Extras] (追加) > [Other requests] (その他のリクエスト) > [Add] (追加)の順に進みます。

  1. TBDK900118という名前の新しい転送リクエストを追加し、必要に応じてSAPクライアント番号を指定します。指定を終えると、リストに転送リクエストが表示されます。
  2. F9を押して選択し、F11 + Ctrlを押して転送を実行します。
  3. ターゲットクライアントを指定し、オプションタブの最後にある[Ignore invalid component version] (無効なコンポーネントバージョンを無視)オプションをオンにします。

正しく設定されると、一部のテキストは[Does not match component version] (コンポーネントのバージョンと一致しません)と表示されますが、ステータスは緑色になります。SE37トランザクションでZ_TLD_BI_READ_INFOPROV_BATCHファンクションモジュールが利用できるようになります。

ステップ3: Talend Studioでプロパティを追加する

SAPテーブルを取得に詳述されている通常のプロセスに従います。

リポジトリーからtSAPTableInputをドラッグして配置する時は、api.use_z_talend_read_tableプロパティをtrueに設定する必要があります。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。