メイン コンテンツをスキップする

データをデータベーステーブルに動的にロードするダイナミックスキーマを使用

このサンプルでは、ダイナミックスキーマ機能を活用してデータを動的にロードする方法について説明します。
情報メモ警告: このドキュメントは、サブスクリプションベースのTalend Studioを使用している場合にのみ関連します。

次の3つのフラットファイルの内容は、それぞれ[customer] (顧客)[employee] (従業員)および[delivery] (配送)という名前のMySQLデータベーステーブルにロードされます:

  • customer_detaials.csv:
    first_name;last_name;order_date
    Reita;Leto;2012-05-15
    Larae;Gudroe;2011-08-07
    Clay;Hoa;2014-04-16
    Irma;Wolfgramm;2012-09-10
    Sylvia;Cousey;2013-02-25
  • employee_details.csv:
    id;name;gender;email;department;order_date
    1;Sage;Male;sage_wieser@cox.net;R&D;2012-05-15
    2;Kris;Female;kris@gmail.com;Test;2011-08-07
    3;Abel;Male;amaclead@gmail.com;HR;2014-04-16
    4;Mattie;Female;mattie@aol.com;Test;2012-09-10
    5;Bernardo;Female;bfigeroa@aol.com;Marketing;2013-02-25
  • delivery_details.csv:
    Name;Datetime
    Reita;2012-02-11 15:30:32
    Larae;2015-08-28 09:30:32

このサンプルでは、2つのジョブがもう一方を呼び出します: 親ジョブは、ファイル名をデータベース内のテーブル名にマッピングし、子ジョブはファイルからデータを読み取り、対応するデータベーステーブルにデータを書き込みます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。