メイン コンテンツをスキップする

出力ストリーム機能を使用

次のユースケースでは、出力ストリーム機能を使って、多数のコンポーネントでの出力パフォーマンスを大幅に向上させる方法を示します。

このシナリオでは、顧客情報が保存された定義済みのcsvファイルをデータベーステーブルにロードします。次に、tMapを使ってロードしたデータを選択し、出力ストリーム機能を使ってそのデータをローカルファイルとコンソールに出力します。

[Use Output Stream] (出力ストリームを使用)機能の原則は、Talend Studioユーザーガイドで出力ストリームの使用機能を使用する方法をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。