メイン コンテンツをスキップする

マルチスレッド実行機能を使ったジョブの並列実行

このユースケースでは、前述のユースケースである出力ストリーム機能を使用をベースにして、マルチスレッド実行機能を使って2つのジョブを並列実行し、テスト環境と本番環境の両方で同時に従業員情報を表示する方法を見ていきます。処理データが大量である場合は、この機能により、Talend Studioのジョブ実行パフォーマンスを大幅に改善できます。

マルチスレッド実行機能の詳細は、https://help.talend.com (英語のみ)Talend Studioユーザーガイドで複数のサブジョブを並列に実行する方法をご覧ください。

マルチスレッド実行機能の詳細は、Talend Studioユーザーガイドで複数のサブジョブを並列に実行する方法をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。