メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

Talend ESB Containerを実行

Talend ESBをインストールした後は、<TalendESBPath>/containerディレクトリーにあるTalend ESBにアクセスできるようになります。

Talend ESB ContainerはApache KarafをベースとするOSGIコンテナーで、これによって<TalendESBPath>/container/deployフォルダーに各種コンポーネントやアプリケーションをデプロイして実行できるようになります。

手順

  1. <TalendESBPath>/container/binディレクトリーを参照します。
  2. trun.batファイルを実行します。

タスクの結果

Talend ESB Containerを起動した後は、初期化が完了し、コマンドを入力できるようになるまで数秒間待つ必要があります。Talend ESB Containerが組み込まれているKarafでは、バックグラウンドで非コアバンドルが起動されます。そのため、コンソールが既に使用可能でもコマンドが使用できない場合があります。

Talend ESB Containerの使用と設定の詳細は、Talend ESB Container Administration GuideTalend ESB Infrastructure Services Configuration Guideをご覧ください。

Talend ESB Containerをインストールして起動した後は、Talend ESBパッケージで利用可能な他の全コンポーネントを機能としてコンテナー内に直接インストールできるようになります。そのため、Talend ESB Containerを起動すると、他のすべてのコンポーネントが同時に起動します。

これらのコンポーネントをスタンドアロンでインストールすることもできます。

情報メモ警告: Talend ESBコンポーネントを機能としてコンテナーにインストールすると、メモリの問題が発生する場合があります。コンテナーのメモリ割り当てを増やす方法の詳細は、Memory Allocation Parametersをご覧ください。

この実装ではTalend ESBの管理を簡素化できますが、クラスター環境を作成する場合、適切なコンポーネントが機能としてインストールされたコンテナーを複数使用するには、コンテナーを複製する必要があります。一方、異なるコンポーネントをスタンドアロンとして使用する場合は、該当するインスタンスを複製するだけで済みます。

いくつかの基本的なコンテナーのみを使用する場合は、 Talend Runtimeを使用することもできます。 Talend RuntimeTalend ESBで提供されるコンテナーフォルダーに該当します。 Talend Runtimeのインストールの詳細は、Talend Runtimeのインストールを参照してください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。