メイン コンテンツをスキップする

[Component-specific settings] (コンポーネント固有設定) (tRunJob用)

コンポーネントのsetSettings {}関数で定義できるジョブスクリプトの関数とパラメーターは、以下の表のとおりです。

関数/パラメーター 説明 必須?

USE_DYNAMIC_JOB

複数のジョブを呼び出して処理できるように[Use dynamic job] (ダイナミックジョブを使用) オプションを有効にするには、このパラメーターをtrueに設定します。

このオプションを有効にした場合、最新バージョンのジョブのみが呼び出され、処理されます。サブジョブの実行には、独立したプロセスが使用されます。

情報メモ警告:
  • このオプションはJobserverキャッシュと互換性がありません。したがって、Talend Administration Centerでこのオプションが有効になったtRunJobを含むジョブを実行すると、失敗する可能性があります。

  • このオプションは、データベース接続コンポーネントの[Use or register a shared DB Connection] (共有DB接続の使用または登録)と互換性がありません。tRunJobをデータベース接続コンポーネントと共に使用する場合、両方のオプションが有効になっているとジョブが失敗します。

いいえ

CONTEXT_JOB

このパラメーターを使用して、次の情報を指定します。

  • 指定のジョブリストから呼び出すジョブの名前。
  • 指定のジョブリストから呼び出すジョブを動的にロードするグローバル変数または定義済みのコンテキスト変数。

このパラメーターは、USE_DYNAMIC_JOBパラメーターがtrueに設定されている場合のみ有効です。

情報メモ警告:

指定のジョブ、または指定の変数によって示されるジョブは、指定するプロセスIDと一致しているようにしてください。

USE_DYNAMIC_JOBtrueに設定されている場合はYESになります

PROCESS

このパラメーターを使用して、次の情報を指定します。

  • 呼び出すジョブの名前。
  • USE_DYNAMIC_JOBパラメーターがtrueに設定されている場合に、呼び出される各ジョブの名前。セミコロン(;)を使って複数のジョブ名を区切ります。

はい

PROCESS:PROCESS_TYPE_CONTEXT

このパラメーターを使用して、tRunJobで呼び出すジョブに対して定義されるコンテキストを指定します。

このパラメーターは、USE_DYNAMIC_JOBパラメーターが指定されていないか、またはfalseに設定されている場合のみ有効です。

USE_DYNAMIC_JOBfalseに設定されている場合はYES

PROCESS:PROCESS_TYPE_PROCESS

このパラメーターを使用して、次の情報を指定します。

  • 呼び出すジョブのプロセスID。
  • USE_DYNAMIC_JOBパラメーターがtrueに設定されている場合に、呼び出される各ジョブのプロセスID。セミコロン(;)を使って複数のジョブ名を区切ります。

JobのプロセスIDを取得するには、<studiodir>/workspace/<projectname>/<processdir>/<jobfolder> ディレクトリーに移動し、XMLファイルエディタを使用して<job>.propertiesファイルを開きます。プロセスIDは、TalendProperties: Propertyエレメントのid属性値です:

  • <studiodir>は、Talend Studioのインストールディレクトリーです。
  • <projectname>プロジェクト名です。
  • <processdir>は、ジョブのプロパティファイルを含むフォルダーです。次のようなフォルダーがあります。
    • 標準ジョブの場合、process
    • Spark Batchジョブの場合、process_mr
    • Spark Streamingジョブの場合、process_storm
  • <jobfolder>は、リポジトリーツリーのルート以下にジョブが作成されない場合のジョブフォルダーです。
  • <job>は、バージョンを含むジョブの完全名です。

tRunJobによってジョブがスムーズに実行されるように、呼び出すジョブは事前に一度実行しておくようにしてください。

はい

PROCESS:PROCESS_TYPE_VERSION

このパラメーターを使用して、実行する子ジョブのバージョンを指定します。

デフォルトでは、子ジョブの最新バージョンが実行されます。

このパラメーターは、USE_DYNAMIC_JOBパラメーターが指定されていないか、またはfalseに設定されている場合のみ有効です。

いいえ

USE_INDEPENDENT_PROCESS

独立プロセスを使ってサブジョブを実行する場合は、このパラメーターをtrueに設定します。これは、メモリ制限に起因する問題の解決に役立ちます。

このパラメーターは、USE_DYNAMIC_JOBパラメーターが指定されていないか、またはfalseに設定されている場合のみ有効です。

情報メモ警告:
  • このオプションはJobserverキャッシュと互換性がありません。したがって、Talend Administration Centerでこのオプションが有効になったtRunJobを含むジョブを実行すると、失敗する可能性があります。

  • このオプションは、データベース接続コンポーネントの[Use or register a shared DB Connection] (共有DB接続の使用または登録)と互換性がありません。tRunJobをデータベース接続コンポーネントと共に使用する場合、両方のオプションが有効になっているとジョブが失敗します。

いいえ

DIE_ON_CHILD_ERROR

子ジョブの実行時にエラーが発生しても親ジョブを実行する場合は、このパラメーターをfalseに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはtrueに設定されます。

いいえ

TRANSMIT_WHOLE_CONTEXT

親ジョブからすべてのコンテキスト変数を取得するには、このパラメーターをtrueに設定します。このパラメーターをfalseに設定すると、すべてのコンテキスト変数が子ジョブから取得されます。

このパラメーターがtrueである場合、親ジョブと子ジョブが同じコンテキスト変数を持つことになり、変数値は次のようになります。

  • [CONTEXTPARAMS] (コンテキストパラメーター)関数で関連値が定義されていなければ、子ジョブの実行中、親ジョブの変数値が使用されます。

  • [CONTEXTPARAMS] (コンテキストパラメーター)関数で関連値が定義されている場合、その値が子ジョブの実行中に使用されます。

いいえ

CONTEXTPARAMS {}

この関数は、次のパラメーターを使用して、子ジョブで定義されているコンテキスト変数の値を変更できます。

  • PARAM_NAME_COLUMN: このパラメーターを使用して、値を変更するコンテキスト変数を指定します。
  • PARAM_VALUE_COLUMN: このパラメーターを使用して、コンテキスト変数に対する新しい値を指定します。

ここで定義される値は、TRANSMIT_WHOLE_CONTEXTパラメーターがtrueに設定されている場合であっても、子ジョブの実行中に使用されます。

いいえ

PROPAGATE_CHILD_RESULT

このパラメーターをtrueに設定すると、子ジョブにおいてtBufferOutputコンポーネント経由でバッファーメモリに格納された出力データが、親ジョブの出力コンポーネントにプロパゲートされます。

デフォルトでは、このパラメーターはfalseに設定されます。

このパラメーターは、USE_DYNAMIC_JOBパラメーターが指定されていないか、またはfalseに設定されている場合のみ有効です。

いいえ

PRINT_PARAMETER

このパラメーターをtrueに設定すると、内部パラメーターと外部パラメーターが[Run] (実行)コンソールに表示されます。

いいえ

TSTATCATCHER_STATS

各コンポーネントレベルおよびジョブレベルで処理メタデータを収集する場合、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはfalseに設定されます。

いいえ

LABEL

このパラメーターを使って、コンポーネントのテキストラベルを指定します。

いいえ

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。