メイン コンテンツをスキップする

[Notes about schema] (スキーマについての注意事項) (tFilterRow用)

出力フローに応じて、コンポーネントのユニーク名を継承する出力スキーマに加えて、このコンポーネントに対しては、承認されたデータにはFILTERという名前のスキーマ を、リジェクトされたデータにはREJECTという名前のスキーマを定義する必要があります。REJECTスキーマの最後のカラムは次のように定義する必要があります。

		addColumn {
			NAME: "errorMessage",
			TYPE: "id_String",
			LENGTH: 255,
			PRECISION: 0
		}

スキーマの詳細は、ジョブスクリプトでのスキーマの定義をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。