メイン コンテンツをスキップする

tFileOutputDelimitedの例

次の例では以下のことが行われます。

  • tJavaコンポーネントで定義されているターゲットパスとファイル名を指定するグローバル変数経由で、出力ストリーム機能が有効になります。詳細は、tJavaジョブスクリプトプロパティをご覧ください。

  • ヘッダー行がターゲットファイルに追加されます。

setSettings {
      USESTREAM : "true",
      STREAMNAME : "(java.io.OutputStream)globalMap.get(\"output_file\")",
      INCLUDEHEADER : "true"
      }

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。