メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

正規表現ファイル接続の一般的なプロパティを定義

手順

  1. ファイルメタデータセットアップウィザードで、[Name] (名前)フィールド(必須)、[Purpose] (目的)フィールドと[Description] (説明)フィールド(任意)を入力します。[Description] (説明)フィールドに入力した情報は、ファイル接続にマウスのポインターを移動すると、ツールチップとして表示されます。
    [File - Step 1 of 4] (ファイル - 1/4)ダイアログボックス。
  2. 必要に応じて、[Version] (バージョン)フィールドと[Status] (ステータス)フィールドを設定します。リポジトリー項目のバージョンとステータスは、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスでも管理できます。プロジェクト項目のバージョンをアップグレードおよびステータス管理をご覧ください。
  3. 必要に応じて、[Path] (パス)フィールドの横の[Select] (選択)ボタンをクリックし、[File regex] (正規表現ファイル)ノードの下で、作成したばかりのファイル接続を格納するフォルダーを選択します。既存の接続を編集している場合、フォルダーを選択することはできませんが、いつでも接続をドラッグして新しいフォルダーにドロップできます。
  4. 一般的なプロパティの設定が終了したら、[Next] (次へ)をクリックします。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。