出力データストラクチャー - 7.3

データ統合ジョブの例

Version
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン
Last publication date
2024-02-13

このシナリオでは、オレンジ郡とロサンゼルス郡に住むカリフォルニア州の顧客のデータをデータベーステーブルにロードします。

データベーステーブルのストラクチャーは次のとおりですが、入力ファイルのストラクチャーとは若干異なっています。そのため、データベーステーブルにロードするデータを変換する必要があります。

  • Key (キー、タイプ: 整数)

  • Name (タイプ: 文字列、最大長: 40)

  • Address (タイプ: 文字列、最大長: 40)

  • County (タイプ: 文字列、最大長: 40)

このテーブルをロードするためには次のマッピングプロセスが必要です。

  • Keyカラムには、自動的に増分された整数が入力されます。
  • Nameカラムには、姓と名が連結された値が入力されます。
  • Addressカラムには、入力ファイルの対応する[Address](住所)カラムのデータが入力されますが、ロード前に大文字に変換されます。
  • Countyカラムには、参照ファイルによって、その都市が存在する郡の名前が入力されます。この参照ファイルはオレンジ郡とロサンゼルス郡の都市をフィルタリングするのに役立ちます。