メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

ジョブスクリプトへのコンポーネントの追加

ジョブスクリプトにコンポーネントを追加するには、addComponent{}関数を入力して、かっこ内にプロパティを定義します。

コンポーネントプロパティは、次の3つのメインパートで構成されます。

  • コンポーネント定義
  • 固有の設定
  • コンポーネントスキーマ

addComponent{}プロパティ

関数 説明 必須?

setComponentDefinition{}

この関数に次のパラメーターを追加して、ジェネリックプロパティを定義します。

  • TYPE: 使用するコンポーネントを入力します。

  • NAME: コンポーネントに付ける一意の名前を入力します。

  • POSITION(オプション): デザインワークスペース上でのコンポーネントの位置を入力します。

はい

setSettings {}

コンポーネント設定を定義します。この関数のパラメーターは、各コンポーネントに固有です。

詳細は、頻繁に使用されるコンポーネントのジョブスクリプトプロパティをご覧ください。

Yes

addSchema {}

この関数を使って、コンポーネントのスキーマを定義します。

詳細は、ジョブスクリプトでのスキーマの定義をご覧ください。

ほとんどのコンポーネントで必要

次の例は、ジョブスクリプトにtFileInputDelimitedコンポーネントを追加する方法を示しています。

addComponent {
	setComponentDefinition {
		TYPE: "tFileInputDelimited",
		NAME: "tFileInputDelimited_1",
		POSITION: 192, 128
	}
...
}

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。