メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

ジョブスクリプトでのジョブプロパティの定義

ジョブスクリプトにコンテキストパラメーターを使用しないで標準Talendジョブを作成する場合以外は、最初に、ジョブタイプとコンテキストパラメーターを定義する必要があります。

情報メモ重要:

ビッグデータジョブを作成するには、関連するビッグデータ対応Talend製品のサブスクライブが必要です。

ジョブプロパティ

関数/パラメーター 説明 必須?
JobType

ジョブのタイプを指定します。使用できる値は次のとおりです。

  • Standard
  • Big_Data_Batch
  • Big_Data_Streaming

標準ジョブを作成する場合は、このパラメーターは省略可能です。

ビッグデータジョブの場合は必要

フレームワーク

ビッグデータのフレームワークを指定します。使用できる値は次のとおりです。

  • ビッグデータバッチジョブの場合:
    • Spark
  • ビッグデータストリーミングジョブの場合:
    • Spark_Streaming

標準ジョブを作成している場合は、このパラメーターは省略してください。

ビッグデータジョブの場合は必要

DEFAULT_CONTEXT

デフォルトコンテキストを指定します。

詳細は、ジョブスクリプトでのコンテキストと変数の定義をご覧ください。

なし

ContextType {}

コンテキストとそのパラメーターを定義します。

詳細は、ジョブスクリプトでのコンテキストと変数の定義をご覧ください。

なし

次のジョブスクリプト例は、Sparkフレームワーク上で実行するビッグデータSpark Batchジョブを定義する方法を示しています。

JobType= Big_Data_Batch,
Framework= Spark,

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。