メイン コンテンツをスキップする

インテグレーションデザイン

インテグレーションデザインではデータ統合をデザインします。
目的 次のステップ
既存のインフラストラクチャーに新しいソースからのデータを統合
  1. Studio Talendをダウンロードして設定します。Talendインストールガイドをご覧ください。
  2. Studio Talendでジョブを作成します。基本的なジョブの使い方をご覧ください。

このトピックに関するガイド付きの実践的チュートリアルについては、Talend AcademyでDesigning a data integration projectをご覧ください(Talend Academyのサブスクリプションが必要です)。

データスチュワードがデータをまとめて認証できるようインテグレーションを設定
  1. Studio Talendをダウンロードして設定します。Talendインストールガイドをご覧ください。
  2. Studio Talendで、Talend Data Stewardshipコンポーネントを使ってジョブを作成します。Talend Data Stewardshipコンポーネントをご覧ください。
  3. Talend Data Stewardshipにタスクをロードします。タスクを使って作業をご覧ください。
プレパレーションの運用によってデータを効率的にクリーニング
  1. Studio Talendをダウンロードして設定します。Talendインストールガイドをご覧ください。
  2. Studio Talendで、Talend Data Preparationコンポーネントを使ってジョブを作成します。Talendジョブ内のtDataprepRunワークフローをご覧ください。
  3. 再使用するプレパレーションを選択します。Talend Data Preparationからプレパレーションにアクセスをご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。