POMファイルを生成し、パッチをインストールしてカスタムスクリプトを作成 - Cloud

クラウド版Talendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

プロジェクトを新しいバージョンに移行したい場合は、ビルド時に-Dtalend.studio.p2.updateオプションによるパッチ(Talend Studio月次リリースパッチ、マニュアルパッチ、コンポーネントパッチなど)のインストールが必要になることがあります。

POMファイルをすべて再生成できるオプションは、org.talend.ci:builder-maven-pluginの7.3.3 (R2020-08から追加)以降のバージョンで利用できます。

警告: パフォーマンス上の理由により、バージョン8以降ではプロジェクトのPOMファイルはデフォルトでは保存されませんが、必要であれば簡単に生成およびアップデートできます。したがって、CIビルドを正しく実行するには、この生成ステップは必須です。

このオプションの主な利点は、パッチをTalend Studioに適用する前に、継続的インテグレーションを使って1つ(または複数)の既存プロジェクトでバージョンをアップグレードしたり、パッチをテストしたりできることです。

適用の前にまず以下のステップを行うことをお勧めします。
  1. Gitプロジェクトをチェックアウトします。git checkoutコマンドについてはGitのドキュメンテーションをお読みください。
  2. TalendアップデートサイトURLから、-Dtalend.studio.p2.update Mavenパラメーターを使って設定したアップデートをダウンロードします。
  3. プロジェクトワークスペースのPOMファイルをすべて生成し、テストしたいアップデートをインストールします。
    注: Gitプロジェクトがチェックアウトされたディレクトリーでコマンドを実行し、Talend CommandLineアプリケーションが起動していることを確認します。

    パッチの例:

    # To generate all pom files and install a patch
    mvn org.talend.ci:builder-maven-plugin:8.0.1:generateAllPoms 
    -Dproduct.path=/home/talend/talend_studio
    -Dlicense.path=/home/talend/talend_studio/license 
    -Dtalend.studio.p2.base=https://update.talend.com/Studio/8/base
    -Dtalend.studio.p2.update=https://update.talend.com/Studio/8/updates/R2022-03
    ヒント: 移行の場合、全プロジェクトのPOMファイルを生成したいことがありますが、特定のアーティファクトでフィルタリングしたい場合は、-DitemFilterコマンドを使えます。

    例: 名前にCI_Jobsが含まれているアーティファクトでフィルタリングする場合は、-DitemFilter="label=CI_Jobs"を使います。

    異なるインストールパスを使用したいTalend Installerユーザーのための例です。この方法では、定義されたパスに従って個別のインストールが実行されます。

    # To patch the product of your choice using different product paths 
    mvn org.talend.ci:builder-maven-plugin:8.0.1:generateAllPoms 
    -Dproduct.path=/home/installation/commandline_R202110
    -Dp2Installer.path=/home/.installation/.p2Installer_8
    -Dtalend.studio.p2.base=https://update.talend.com/Studio/8/base
    -Dtalend.studio.p2.update=https://update.talend.com/Studio/8/updates/R2022-03

    また、POMファイルをすべて生成するカスタムスクリプトを作成することもできます:

    • 名前がCIで始まるプロジェクトにあるPOMファイルをすべて生成するスクリプトの例:
      # To create the custom script 
      cat /home/talend/talend_studio/script.txt
      regenerateAllPoms
      # To execute the custom script
      mvn org.talend.ci:builder-maven-plugin:<version>:executeScript 
      -Dproduct.path=/home/talend/talend_studio 
      -Dlicense.path=/home/talend/talend_studio/license 
      -Dtalend.studio.p2.base=https://update.talend.com/Studio/8/base
      -Dtalend.studio.p2.update=https://update.talend.com/Studio/8/updates/<myupdate>
      -DscriptFile=/home/talend/talend_studio/script.txt
      ヒント: 移行の場合、全プロジェクトについてPOMファイルを再生成したいことがありますが、特定のプロジェクトでフィルタリングしたい場合は-DprojectFilterコマンドを使用できます。

      例: 名前がCI.で始まるプロジェクトでフィルタリングする場合は、-DprojectFilter="CI.*"を使います。

    • changeMavenVersionコマンドを使用し、Mavenバージョンを変更して、アイテムファイルとPOMファイルを一度にアップデートするスクリプトの例:
      # The content of the script named upgrade_version.txt
      logonProject -pn gitProject -ul 'jobbuilder@talend.com' -gt
      changeMavenVersion 1.0.5 --item-filter 'label%*test5_pere*' --subjobs --snapshot
      regenerateAllPoms
      # To execute the custom script
      mvn org.talend.ci:builder-maven-plugin:<version>:executeScript -s ./maven_settings.xml 
      -Dgeneration.type=local 
      -Dproduct.path=/opt/Talend/studio 
      -Dlicense.path=/opt/Talend/studio/license 
      -DscriptFile=/home/talend/upgrade_version.txt
  4. 既存のプロジェクトやジョブの生成をテストします。
    パッケージMavenフェーズによる生成の例:
    # To test projects/Jobs generation
    mvn clean package 
    -Dproduct.path=/home/talend/talend_studio/ 
    -Dtalend.studio.p2.base=https://update.talend.com/Studio/8/base
    -Dtalend.studio.p2.update=https://update.talend.com/Studio/8/updates/updateXX
  5. プロジェクトの生成が成功した場合は、このドキュメンテーションに従ってテスト済みパッチをTalend Studioに適用します。テストが成功しなかった場合は、Talendサポートにご連絡ください。